『三度のメシよりマンション管理好き』な深山州のブログ

マンション管理コンサルタント(メルすみごこち事務所)の代表に加え、管理会社(クローバーコミュニティ)の代表にも就任し、理想のマンション管理を目指します。 管理組合の良し悪しが「住み心地」と「不動産価値」に影響を与える時代を創ります。

カテゴリ: マンション管理・修繕全般

テレビ東京「ガイアの夜明け」で管理組合の取り組みが放映された、千葉のブラウシア管理組合。また、nhk「クローズアップ現代+」で同じく管理組合の取り組みが放映された、イニシア千住曙町管理組合法人。両マンションともに、管理組合運営の「根幹」の部分の一つ「理事長に ...

前回ブログで書いたように、9月6日にブラウシア管理組合の「資産価値を守り高めるための理事会活動」の取り組みが、テレビ東京「ガイアの夜明け」で放映されました。また、8月31日に、イニシア千住曙町管理組合法人の「理事会・住民間の合意形成」の取り組みが、nhk「クロー ...

8月31日に、イニシア千住曙町管理組合法人の「理事会・住民間の合意形成」の取り組みが、nhk「クローズアップ現代+」で放映されました。また、9月6日には、ブラウシア管理組合の「資産価値を守り高めるための理事会活動」の取り組みが、テレビ東京「ガイアの夜明け」で放映 ...

メルすみごこち事務所(コンサルタント(マンション管理士))と、4月に設立した管理会社(クローバーコミュニティ)とは、立場は別でもまったく同じ方向を向いていて、ブレることがありません。 つまり「マンション管理組合の利益」を、コンサルとして最大化させるのか、 ...

東京・台東区のキャピタルプラザ浅草管理組合様で、管理規約の全面改定のご相談からスタートし、最終的に「憲法前文」ならぬ「規約前文」を制定した時の日本経済新聞記事です。2013年です。管理組合の活動が活発で、理事間の合意形成もスムーズで、住みやすく資産価値が守ら ...

◯人間も建物も、高齢化は怖くないマンションも人間も、時間とともに高齢化します。建物や設備は、時間とともに老朽化します。これは自然の摂理ですから、大きな問題にしても仕方ありません。適切な時期に修繕積立金を投資して、寿命を伸ばせば良いことです。また、住民の高 ...

マンション管理コンサルタント(メルすみごこち事務所)へ相談に来られるお客様の多くは、管理組合の理事長としてマンション管理を勉強され、かつマンションの課題を理解し、どんどん解決のために推進したい、という情熱と能力をお持ちです。進むべき方向が見えている理事長 ...

前回のブログで、業者の選定(コンペ)について、一社当たり何分のヒアリングが妥当か?との質問に、「参加者の合意形成を大事にする」という観点で考えると、・選定の対象となる業務の内容・聞き手である理事会の理解度・知識度や関心度・何社を呼ぶかこの3つの要素で、一 ...

顧問先のマンション理事長より、次のような質問がありました。Q:現在進めている植栽業者の選定(コンペ)について、一社当たり何分のヒアリングが妥当でしょうか?複数の候補業者がある場合、一社当たりどれくらいの時間をヒアリングすれば、理事メンバーが比較検討できる ...

○「中立公平案」は下手すると「何も決められない案」だ※前回ブログ「理事会の「合意形成」「中立公平」がリスクを招く(その1)」はこちら理事会は管理組合の執行部として、総会へ議案上程する中身を検討する役割を担っています。(理事の仕事に「総会へ上程する議案の案 ...

↑このページのトップヘ