ジム・ロジャーズ 危機の地代ジム・ロジャーズの「危機の時代」

三大投資家の一人であり、いつも「日本には未来はない」と一貫して日本に厳しい論者。
日本人として悔しいけれど、この根拠を聞けば聞くほど確率の高い話だと腑に落ちてしまう。


で、今日のコラムはそこじゃなくて。
ジム・ロジャーズの本の内容は超わかりやすくかみ砕いて、面白おかしく解説する動画と言えば、中田敦彦のYoutube大学。
本を読む時間がない人や、まず動画を見てから本で深堀りするか考えたい方にも、あっちゃんの動画は本当にお勧めできる。

「【経済危機 枦狙發療蟷餡肇献燹Ε蹈献磧璽困コロナ後の危機を予言」
https://www.youtube.com/watch?v=eATSj-rl7LE

ぜひ見てほしい。


で、本題。
これまでのマンション管理士としての人生を振り返ってみると、マンション管理士としての(管理組合への)提案力の『素』は、

業界外の方が発信する内容を『マンション管理へ置き換えてみる』

ことに尽きる。

僕が、マンション管理業界『外』の情報から「なるほど!」と思えたことを、常にマンション管理業界(内)に類推適用して提案してきた、ということだ。

インプットしたことを自分の仕事に置き換えてアウトプットしてきた、、、ということかな。


よく理事会で提案をすると『深山さんはアイデア豊富だね』って言われるけれど、
‐霾鵑鮟ΔΕ▲鵐謄覆鯲てて
▲▲鵐謄覆砲かったら、マンション管理に周波数を変換して
提供しているだけなんだよね。


例えば、youtube大学の(いや正確にはジム・ロジャーズの)説明の中で、国の成熟段階におけるリーダーシップ(体制)について、
【経済危機◆枡本人は海外移住せよ!コロナ後の日本に未来はあるか
最初は‘蛤枩治(ワントップによる主導)、次に寡頭政治(複数のトップが主導)、その次はL閏臉治(全員で政治)、そしていまはぅオス(混乱期)になっている。そしてカオスの後に来るのは‘蛤枩治だ、、、過去の歴史から、国のリーダーシップはこれを繰り返している

という解説があった。

この解説を見て『国の成熟段階におけるリーダーシップ(体制)』を『マンション管理組合という組織の成熟段階におけるリーダーシップ(体制)』に自動変換するクセが僕にはついている。

マンション管理組合も国も、人が集まって運営する組織であることには変わりがない。だから管理組合に当てはめてみる。

例えば、管理組合の運営に困っている理事会からお問い合わせがあって、実際に理事会に行ってみると、この理事会のリーダーシップが´↓い里匹涼奮にいるかを見る。

多くの管理組合は、(管理組合の運営に無関心な区分所有者ばかりが集まる理事会による運営=衆愚政治)からぁ淵オス)にかけての時に問い合わせがくる。
こういう段階でを維持するように運営し続けると大抵うまくいかない。
なので、僕は △弔泙蝓悗笋覽い里覆ね事が毎年全員入れ替わる輪番制から、強力なリーダーシップを持った理事長を中心とした強い発信力を持った体制へ。理事長は一年で交代せず、落ち着くまでは継続して続けるべき』と強く助言する。


そして,安定してきたら、◆癖数の理事による共同運営体制を引き、役員の任期は複数年で全員が一気に入れ替わらないようにする)へと展開するように助言する。
特に中〜大規模なマンションでは、この´↓い魘く意識して、タイミングに合った提案をし、この実践を強力に後押しする。

小規模なマンションや投資マンション・リゾートマンションでは、そもそも区分所有者が少なくてこれを類推適用するには無理があるので、クリーンな 米蛤曄砲泙燭廊◆幣数理事による運営)の継続を提案し、それを支えるようにする。

こう考えると『すべての区分所有者が理事会役員を経験してもらうことが大切だから、輪番制にして毎年理事が入れ替えて一巡させることが望ましい』『理事会役員の人数はなるべく多くして、公平で活発な意見交換ができるほうが良い』という管理業界の中の一般常識は、上述の´↓い鯡技襪靴燭發里任△襪海箸鰐世蕕だ。


、、、こんな感じで、僕がマンション管理士をやってきて、これまで法人化して複数のマンション管理士を抱えられるまでに成長できた理由の一つは、常に業界外の良いものを自分のホームグラウンドへ置き換えて提案し続けたことにあるんじゃないかな、と振り返っている。

深山 州(みやま しゅう)
--------------------------------------------------------------------------
−マンション管理士 メルすみごこち事務所−

−マンション管理会社 クローバーコミュニティ−

−マンション管理組合の学校−
--------------------------------------------------------------------------