[Q&A:理事が自分についてきてくれません
(神奈川県のファミリータイプマンション理事長より) Q:管理会社の対応や高額な委託費、理事会の継続性不足に疑問を持ち、このままでは高齢化したときに管理組合が破綻すると危機感を持ち、3月の総会で理事長に立候補しました。

初回の理事会で管理会社に対し2時間ほどこれまでの状況をヒアリングしたものの、フロント担当者にはぐらされたうえに、理事の中で問題意識を持っているのが自分だけで、耳を傾けてくれる方もほとんどいない状況です。理事は冷めていて、いくら現状を説明して改革の必要性を訴えても、自分についてきてくれません。メールでも細かく丁寧に解説しているのに反応がありません。このままでは話を先に進める事ができません。
メルさんへコンサルに入ってもらいたいのですが、そもそもマンション管理士の必要性についての理解が進まず困っています。
※一部読みやすく修正して転載

A:回答まとめーーーー
.泪鵐轡腑鶸浜士の必要性について
△△覆燭嫌われていたら終わり
ボランティア組織の動かし方を学べ
ーーーーーーーーーー

71805814_2581799888551151_2497088715969527808_n


.泪鵐轡腑鶸浜士の必要性について
この点については、こちらに書いてあるので理事と共有して欲しい。




△△覆燭嫌われていたら終わり
その上で、あなたがマンションを良くしたいと孤軍奮闘している場合で、かつ次のようなケースでは、他の理事に理解を得てもらうことはかなりの努力が必要。

管理会社がいわゆる財閥系で、マンションにブランド力がある場合
👉現状に満足・お金が足りなければ値上げすれば良い・見積もりにマージンが乗っかっているのはどこの業界も同じで必要悪だ、管理会社と戦う可能性のあることはすべきでない、、、という発想の方が多いため(ドンキでも百貨店でも「モノ」に変わりがなくても「のし」が欲しいんだからしょうがない


あなたが何らかの理由で、他の理事から嫌われているような場合
👉いくら理事に訴えたい内容が正しくても「嫌いな人の言うことは聞きたくない」というのが人間の心理。
理事会役員というのは、9割以上の人にとって「できればやりたくない仕事」という印象で無関心になりがちなだけに、モチベーションが低い状態で2時間も拘束したら、あなたに対するイメージは確実にネガティブになる。
ましてや長文のメールを高頻度で送りつけるなどもってのほか。


■最初にやることは「話を聞いてくれるよう、あなたが聞き役になること」
👉マンションの理事同士は普段生活していてほとんど合うことのない人ばかり。関係が希薄で、かつ奥手な日本人が集まった組織の緊張を解きほぐすことから始める必要がある。
そのためには、まずは自分の言いたいことだけ一方的に話して押し付けるのではなく、話しやすい環境づくりを心がける、つまり聞き役、いや聴き役に徹することだ。
人は、自分のことを聞いてくれる人のことを好きになるものだ。少なくとも嫌われないように立ち回ってから話をしよう。


ボランティア組織の動かし方を学べ
マンション管理組合のような『フラットで上下関係が』『金銭的な報酬や懲罰なし』の組の構成員には『主体的に取り組むたけのモチベーションが生まれにくい』もの。

こちらを読んで学んで欲しい。



深山 州(みやま しゅう)
--------------------------------------------------------------------------
−マンション管理士 メルすみごこち事務所−

−マンション管理会社 クローバーコミュニティ−

−理事長代行2.0−

−マンション管理組合の学校−
--------------------------------------------------------------------------