当社(メルすみごこち事務所)が3月1日より約1ヶ月間、社内スタッフがオフィスへの勤務からリモートワーク(自宅でのテレワーク対応)へと切り替えることにしました。




特に防火管理事業部は女性スタッフが大半で、子供を学校や幼稚園等へ通わせながらの勤務であるため、国の対策で学校が休業になること以上に、親として心理的な負担が増えます。親は混雑する電車に乗って、日本でも有数の人口密度の街である渋谷を歩いてオフィスまで通わなければなりませんから、親が発症したら、、、という気持ちになるのは当然です。
10-190405-remote-work
もちろん、消防訓練を中止することは訓練に参加していただける住民やテナント従業員の安全を考えた結果なのですが、まずはサービスを提供するスタッフを守らないと、サービスそのものも提供できません。顧客第一主義を声高に唱えてアピールする会社が多いけど、働く仲間あってのサービス提供です。

で、ちょうどありがたいことに、今年の事業計画の中の「社内環境改善」の一つとして「リモートワークの推進」を盛り込んでいて、システムの導入がほぼ整っていたタイミングであったことから「よし、やろう」ということになりました。
こういうところのスピード感は小規模な会社のメリットですね。

今回のコロナウイルス対応に端を発して「もう会社に毎日通わなくても仕事が回る環境」ができないかなと真剣に考えています。
通勤ラッシュを避けるため出社は10時と遅めだけど、そもそも出勤という概念がなくなれば、往復の移動時間がカットされて人生が少し豊かになります。

深山 州(みやま しゅう)
--------------------------------------------------------------------------
−マンション管理士 メルすみごこち事務所−

−マンション管理会社 クローバーコミュニティ−

−マンション管理組合の学校−
--------------------------------------------------------------------------