マンション理事会役員で最も楽な役職は??

※2020年6月25日に更新しています。
前回コラム「管理組合の風物詩…理事会の役職を決める時…」で書いたように、マンション管理組合において輪番制で回ってくる理事会役員の役職決めは、その一年の管理組合活動の良し悪しに大きく影響する。


もっとも、ほとんどの方はなるべく楽な役に就きたがるものだ。

ここで言う「楽」とは、多くの場合

「仕事量が少ない(ない)」ことの他に、

・理事会での話をまとめたり司会進行する役(リーダーシップ・ファシリテーター)
・総会などで大勢の管理組合員を前に説明する役(プレゼンテーション)
・議事録や広報などの書類作成役(作文、パソコン)
・会計資料をチェックする役(数字を見る能力)

など、自分の苦手分野の役割は任されたくない、という想いもあるだろう。


また、

・責任を取りたくない、責任ある立場を免れたい

と考える人も多いと思う。


理事会でダントツに楽な役職は


マンション役員へ立候補ところで、多くのマンションで上記のような負担から逃れられる「楽な」役職がある。

それは、副理事長だ。


副理事長の役割をあなたのマンションの管理規約で調べてみて欲しい。「理事長をサポートし、理事長不在時には代行する」役割だと書いてある。


一見、理事長に次いで非常に重たい役職に見える。


でもどうだろう。実際に理事長のピンチヒッターをする機会はほとんどない。理事長が理事会の会合や総会を欠席することなどまずない。なぜなら、管理会社が理事長不在の理事会や総会を避けるよう、理事長のスケジュールを優先した日程調整を行うからだ。

しかも、副理事長の役割は「理事長をサポート」「理事長の不在時に代行」ともっともらしく記載されているが、具体的な仕事は何一つ書かれていない。

「●●理事」のように具体的な役割が頭についている一般の理事や監事の方がよほど具体的な仕事を持っているし、例えば「修繕委員会」のような特定の目的のために設置されたワーキングチームに所属している方が何百倍も忙しいものだ。

その一方で、副理事長は名称に「長」がつくほど重みが「誤解される」役職であり、役職について深く考えないほとんどの人にとっては、「理事長と副理事長は具体的な仕事や責任がありそうだ」と思い込んで、副理事長になりたがらない。新しい理事役員候補が集まって役職決めをするとき、最初に「副理事長でしたら私がやらせていただきます」と手を挙げる人を、何も知らない他の理事は尊敬の眼差しで見るが、単に「一番責任があり仕事が多そうな理事長だけは避けたい」人の、したたかな一抜け戦略」であり、おそらくこのコラムを見て勉強した人であろう(笑)


もし僕が理事会役員候補になり「理事会役員など嫌で無関心で、できるだけ楽な役をやりたい」と思うなら、迷わず副理事長に立候補する。他の理事に喜こばれるし、自分も楽ができるからね。


理事会を活性化させるキーマンも副理事長だ


逆を言えば、副理事長に具体的な役割をもたせることで、理事長や一般理事の仕事や負担が減り、理事会活動が大きく活性化するポテンシャルを秘めている。

また、10人に一人位いるであろう「理事会に興味を持ってチャレンジしてみようかな」「でも自分にはあまりリーダーシップはない」といったタイプのあなたがどこかの役職につくなら、副理事長はおすすめだ。


(次回コラムへ続く )



深山 州(みやま しゅう)
--------------------------------------------------------------------------
−マンション管理士 メルすみごこち事務所−

−マンション管理会社 クローバーコミュニティ−

−マンション管理組合の学校−
--------------------------------------------------------------------------